ハワイおすすめ

【ロイヤルハワイアン】【太平洋のピンクパレス】の完全ガイド・ブログレビュー その魅力と楽しみ方!マリオット・ボンヴォイの無料宿泊券で泊まれる!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、パフォーマンスラブリーのCoco(@performancelovely)です。

今回はハワイのピンクのホテルとして有名なロイヤルハワイアンの完全ガイド!をお届けします。

ブログ運営者であるパフォラブCocoは毎年2〜3回はロイヤルハワイアンに宿泊しているロイヤルハワイアンフェチです。(あくまでも自称です)

Cocoです

これまで通算10回はロイヤルハワイアンに宿泊しています。

ロイヤルハワイアンに宿泊を検討中のあなたも、この記事さえ読めば!ロイヤルハワイアンのイメージがまるっとつかめます。

この記事ではロイヤルハワイアンについての概要とさまざまなタイプがあるお部屋の詳細、ホテルの施設についてもまるっと解説しています。

この記事を書いているのはこんな人
  • アラフィフで現役のキャビンアテンダント
  • ブログ歴は今年で4年目
  • 現在53歳で若見えには自信あり(自分で言ってしまうスタイル)
  • とにかくピンクとハワイが大好き
  • おひとりさま生活が長く自分ケアが趣味

今回のお題の舞台はこちら。

Contents
  1. ロイヤルハワイアンホテルについて
  2. ロイヤルハワイアンの客室
  3. 本館・ヒストリックガーデンビューのお部屋詳細
  4. ダイニング&ショッピング
  5. レジャーとアクティビティ
  6. ロイヤルハワイアンのよくある質問
  7. アクセスと周辺情報
  8. さいごに

ロイヤルハワイアンホテルについて

ロイヤルハワイアン 外観

1927年2月1日に創業されたロイヤルハワイアンは、かつてハワイ王族のプレイグラウンド(休息地)だった場所に建てられ、世界中の名だたる国賓やセレブに愛され、「太平洋のピンク・パレス」として知られています。

Cocoです

まさに「あこがれのピンクパレス」ですね。

今日も当時のクラシカルな雰囲気を保ちながら、圧倒的な存在感でワイキキの一等地にたたずんでいます。

オールドハワイの雰囲気を堪能できるのがロイヤルハワイアンの魅力なんです。

ハワイのピンクのホテルの歴史と伝統

ロイヤルハワイアン マップ

1927年2月1日創業のロイヤルハワイアンはハワイのオアフ島、ワイキキで3番目に古いホテルです。

いちばん古いのがモアナサーフライダー(1901年創業)で2番目がハレクラニ(1917年創業)です。

当時は大航海時代、セレブたちが船での長旅のすえ、ロイヤルハワイアンでのバケーションを楽しんでいたのですね。

ホテルの地下にあるアーケードには、創業当時の写真が博物館のように展示されています。

マトソン社所有の新豪華客船「マロロ号」の旅客宿泊施設として開始したロイヤル ハワイアン ホテルは、当初4百万ドルが投じられ18ヶ月間かけて完成。
400室を擁した6階建ての建物は、当時流行していたスパニッシュ・ムーア様式を取り入れ、映画スターのルドルフ・ヴァレンティノの影響を受けています。

引用元:ロイヤルハワイアン公式サイト

ロイヤルハワイアンの象徴的なピンク色の由来

ロイヤルハワイアン 外観

だれもが気になる!ロイヤルハワイアンのロイヤルピンクの由来は?というと。

リスボンのサーモンピンクの家々にインスピレーションを受けたワイルダー汽船会社の創業者の息子キモ・ワイルダーと、ポニー・エクスプレスの創始者の子孫である妻サラが、ワイキキの邸宅を改装したのがきっかけで、マトソン社はロイヤルハワイアンを同じ色調に塗装することに決めたそう。1927年以来、ロイヤルハワイアンはその独特のピンク色で世界中の観光客を魅了し、ワイキキの海岸の永遠のランドマークとなっているそうです。

ロイヤルハワイアンのロイヤルピンクの由来は、ポルトガルのリスボンの家々にあったのですね。

ワイキキというビーチフロントの場所に、ヨーロッパのお城のような建物は一見ミスマッチのようにも思えるのですが、これがまたしっくりきてしまうのがまた不思議なのです。

エントランスは3つある

ロイヤルハワイアン 外観

ロイヤルハワイアンにはエントランスが3つあるのをご存知ですか?

ロイヤルハワイアン メインエントランス

メインのエントランスです。ホテルの正面玄関ですね。

ロイヤルハワイアン メインエントランス

車寄せがあるところで、ワイキキのメインストリートであるカラカウア通りから少し入ったところにあります。そこがまた良き。

こちらのエントランスの雰囲気はなんとなく隠れ家的なホテルを演出してくれていますね。

ロイヤルハワイアン ココナッツ・グローブエントランス

ふたつめは、ココナッツ・グローブと呼ばれる中庭に面したエントランスです。

かつてはこちらがホテルのメインのエントランスだったようで、こちらのエントランスだけに「ロイヤルハワイアン」と刻まれています。

ロイヤルハワイアン ココナッツ・グローブエントランス

「Royal Hawaiian」と表札がありますね。

ロイヤルハワイアン ココナッツ・グローブエントランス

ロイヤルハワイアン ココナッツ・グローブエントランス

ココナッツ・グローブに面したエントランスは絶好の撮影スポットです。

Cocoです

ちなみに。パフォーマンスラブリーのブログのヘッダー画像もこちらの写真なんです。

ウェディングの後撮り撮影のとき、カメラマンさんに撮影していただいた写真を採用しています。

ロイヤルハワイアン ココナッツ・グローブエントランス

3つめがワイキキビーチに面したエントランスです。

ロイヤルハワイアン ワイキキビーチエントランス

こちらもよく手入れされた芝生のスペースが広がっていて、この場所でウェデイングセレモニーが行われていたりします。

ロイヤルハワイアン ワイキキビーチエントランス

こちらの写真はちょうどウェディングセレモニーの準備が行われていたときです。

こんな場所で結婚式をあげてみたいですよね〜

Cocoです

ビーチフロントでのウェディングセレモニーはまるで映画のワンシーンのようであこがれますねー。

ロイヤルハワイアン ワイキキビーチエントランス

ワイキキビーチから見たロイヤルハワイアンもすてきですよね。

本館と新館(タワー棟)の2棟がある

ロイヤルハワイアン フロント

ロイヤルハワイアンのフロントです。フロントは本館の1か所のみにあります。

以前はマイラニタワーにもマイラニタワー専用のフロントデスクがあったのですが、はやりの病の時期を機にフロントは本館に集約されています。

ロイヤルハワイアン フロント

フロントはやや手狭な感じですね。通常2名ほどのスタッフさんで対応されています。

ロイヤルハワイアン マイラニタワー

マイラニタワーに以前あった専用のフロントデスクです。

今はクローズされています。

ロイヤルハワイアンには本館のヒストリック・ウイングと新館であるタワー棟のマイラニ・タワーがあります。

設立階数
本館ヒストリック・ウイング1927年6階
マイラニ・タワー2015年17階

ロイヤルハワイアン マイラニタワー

本館と新館で別のホテルなの?なんて思えてしまうような!それぞれまったく雰囲気の異なる客室が特徴です。

Cocoです

それぞれに異なるおもむきを持った内装がまた魅力なのですよね。

創業当時のおもむきそのままの本館ヒストリック・ウイングはとてもクラシカルな雰囲気で、いっぽうの全室オーシャンビューのマイラニ・タワーは洗練された雰囲気の客室が特徴となっています。

それぞれの客室の雰囲気をご紹介します。

ロイヤルハワイアン ヒストリック客室

クラシカルな雰囲気の本館の客室は、天井が高いのが特徴で、とても開放感があるお部屋です。

ダークウッドを基調としたインテリアも本当にすてきですよね。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング ドア

本館のお部屋は木彫りのドアも特徴です。なんとこれ、手彫りなんだそう!とても貴重なドアですよね。

宿泊された際にはぜひ!まじかで観察してみてください。

ロイヤルハワイアン マイラニタワー 客室

新館のマイラニタワーのお部屋は、ベッドの上に飾られた抽象的な絵画が特徴で、壁もまっしろで洗練された雰囲気ですよね。

ロイヤルハワイアン マイラニタワー ドア

マイラニタワーは客室のドアもまっしろです。

マイラニタワーのお部屋レビューは別記事にてまとめています。

美術館のような建物 ロビーは圧巻

ロイヤルハワイアン メインエントランス

ロイヤルハワイアンのメインのエントランスです。車寄せがあるところですね。

ワイキキビーチに面しているホテルなのに、このうっそうと茂ったグリーンに囲まれたエントランスは圧巻ですよね。

Cocoです

え?ここは本当にワイキキなの?なんて思ってしまいます。

ロイヤルハワイアン メインエントランス

こちらのグリーンの芝生にはお隣りの姉妹ホテルである、シェラトン・ワイキキの池から、カモさんたちが遊びに来ていたりします。とてものどかな光景です。

ロイヤルハワイアン メインエントランス 芝生

かもさんの写真!ありましたー

ロイヤルハワイアン メインエントランス

車寄せのところにはいつもたくさんのベルボーイさんたちが待機しています。

ホテルの宿泊ゲストにはククイナッツのレイをかけてくれます。

ロイヤルハワイアン ククイナッツのレイ

写真の黒い首飾りがククイナッツのレイです。

毎回かけてくださるので我が家には何本もあります(笑

ロイヤルハワイアン エレベーターホール

本館のエレベーターホールです。

ロイヤルハワイアン エレベーターホール

本館のエレベーターホールには、創業当時からある貴重な地図が壁に埋め込まれています。

ロイヤルハワイアン エレベーターホール

こちらの地図は壁に埋め込まれているのが特徴です。まわりの額ぶち(フレーム)があとづけなんですね。

見ていると吸い込まれてしまいそうになり、当時にタイムスリップできちゃいます。

ロイヤルハワイアン ココナッツ・ラナイ

フロントの横にはココナッツ・ラナイと呼ばれるスペースが広がっています。

ココナッツ・グローブの中庭に面したオープンスペースで、このココナッツ・ラナイの右奥にロイヤルハワイアンベーカリーがあります。

ロイヤルハワイアン ココナッツ・ラナイ

ココナッツ・ラナイです。写真の黒い椅子とテーブルはロイヤルハワイアンベーカリーのイートインスポットです。

朝の時間帯にはロイヤルハワイアンベーカリーで朝食をすませるゲストたちで、いつもとてもにぎわっています。

ロイヤルハワイアン ココナッツ・ラナイ

ココナッツ・ラナイは小鳥のさえずりが聞こえ、とても癒やしの空間です。

ロイヤルハワイアン ココナッツ・ラナイ

ロッキングチェアも並べられていて、こちらに座って優雅に読書をされているゲストがいたりします。

ロイヤルハワイアン ロビー

本館のロビーです。こちらの写真はクリスマスのホリデーシーズンだったので、クリスマスツリーがたくさん飾ってあります。

ロイヤルハワイアン ロビー

ロビーからワイキキビーチ方面を見渡すと、光の入り具合がまた美しいですね。

ロイヤルハワイアン ローワーロビー

ロビーからワイキキビーチ方面を見るとこんな感じです。

アーチ型の柱がもう芸術品ですね。

ロイヤルハワイアン ローワーロビー

ロビーの奥にはもう、ワイキキビーチが広がっています。

ロイヤルハワイアン ローワーロビー

こちらのスペースではワイキキビーチをながめつつ、ロッキングチェアでゆらゆら優雅なひとときを過ごすことができます。

ロイヤルハワイアン ローワーロビー

写真の左手奥に見えるピンクのアンブレラたちがマイタイバーです。

ロイヤルハワイアン ロッキングチェア

ゆらゆらできるロッキングチェアが並べられています。

いつかこんな優雅なバケーションを過ごしてみたいですよね。

ロイヤルハワイアン ローワーロビー

本館のローワーロビーと呼ばれているロビーです。

ロイヤルハワイアン ローワーロビー

スパニッシュムーア調のアーチ型の壁が特徴です。

こちらのロビーは本当に別世界ですよね。

ロイヤルハワイアン ローワーロビー

ローワーロビーの奥にはモナークルームというバンケットルームがあり、こちらで今でも夕食会などが開催されています。

ロイヤルハワイアン ローワーロビー

ロイヤルハワイアン ローワーロビー

ローワーロビーの奥のスペースには創業当時の写真などが展示されています。

ロイヤルハワイアン ローワーロビー

ロイヤルハワイアン ローワーロビー

ローワーロビーにも古い写真や絵が飾ってある一角があります。

ロイヤルハワイアン ローワーロビー

写真のように見えますが、絵なんですよね。

ロイヤルハワイアン ローワーロビー

こちらの写真もローワーロビーの一角です。とてもすてきな空間で写真も映えます。

ロイヤルハワイアン ローワーロビー

ローワーロビーの反対側です。

ロイヤルハワイアン ローワーロビー

魔法使いのほうきのように見えるのは、「カヒリ」です。

カヒリとは?

棒の先に鳥の羽をあしらったもので、王族の威厳と存在を示すしるしでした。

カヒリはフロントまわりなどいたるところに飾られていて、ロイヤルハワイアンの歴史の生き証人のような存在ですね。

ロイヤルハワイアン ローワーロビー

ローワーロビーのウインドウディスプレイです。

ロイヤルハワイアンのグッズが展示されています。

グッズはホテル内のショップで購入できます。

ロイヤルハワイアン ピンクの廊下

本館から新館のマイラニタワーへと続く廊下もピンク色の壁、そしてまっしろな柱がとてもキュートな空間です。

ロイヤルハワイアン ピンクの廊下

廊下の途中にはサーフボードも飾ってあります。

ロイヤルハワイアン ピンクの廊下

ロッキングチェアもいたるところにあります。

ロイヤルハワイアン ピンクの廊下

マイラニタワー方面から見た廊下です。本当に美しい!

ロイヤルハワイアン 砂のオブジェ

ピンクの廊下が本館のロビーとぶつかるところに砂のオブジェがあります。

ロイヤルハワイアンの創業年である、1927年と刻まれています。

ローワーロビーのレディースルーム

ロイヤルハワイアン レディースルーム

ローワーロビーにある、レディースルーム(女子トイレ)がこれまたすてきな空間です。

ちなみに。ロビーのこちら側には女性用のトイレしかありません。

男性用はロビーの反対側にあります。

まちがえて入ってきてしまい、あわてている男性を何人も目撃しました(笑

ロイヤルハワイアン レディースルーム

こちらのレディースルームは宿泊していなくても利用できます。

ぜひぜひチェックされてみてくださいね。

ロイヤルハワイアン レディースルーム

レディースルームの入口です。

こちらにもソファーがあります。

ロイヤルハワイアン レディースルーム

入るとなかにパウダールームがあり、こんなすてきなピンクのソファーもあります。

ロイヤルハワイアン パウダールーム

こんなパウダールームがあったら、女優気分でメイク直しができますよね。

ロイヤルハワイアン パウダールーム

パウダールームにはこんなにおおきな鏡も設置されています。

こちらもお気に入りのスポットです。

地下にはアーケードがある

ロイヤルハワイアン アーケードレベル

本館のロビーから、ワイキキビーチとは反対のほうに進むと、地下にアーケードレベルがあります。創業当時の写真などが展示してあります。

ロイヤルハワイアン アーケードレベル

ロイヤルハワイアン アーケードレベル

こちらの写真ですが、白いジャケットの男性はあの伝説のサーファー「デューク・カハナモク」さまで、女の子は当時の有名な子役の「シャーリー・テンプル」さんなんだそうです。

クヒオビーチのデューク・カハナモク像

デュークさまはロイヤルハワイアンでセキュリティのようなお仕事もされていたそうです。

ロイヤルハワイアン アーケードレベル

こちらのアーケードレベルスペースはどなたでも入って見ることができます。

ロイヤルハワイアンが主催しているアクティビティのひとつである歴史ツアーに参加すれば、ガイドさんの説明を聞きながら見物することもできますよ。

ロイヤルハワイアンの歴史ツアーについてはこちらの記事にてまとめています。

ロイヤルハワイアンの客室

ロイヤルハワイアン 客室

ロイヤルハワイアンには本館と新館(マイラニタワー)があり、それぞれで客室の雰囲気はまったく異なります。

大航海時代の1927年に創業されたロイヤルハワイアンですが、当時はガーデンビューのお部屋が重宝されたという理由から、本館はほとんどがガーデンビューのお部屋になっています。

本館にもオーシャンビューのお部屋もありますが、数は少ないです。

その理由は、長ーい船旅のすえ到着するゲストにとって、海はもう見たくない!という状況にあったということ。

Cocoです

なるほどですね。海はもうすっかり見飽きてしまったので、ガーデンビューで癒やされたいというのはうなずけますよね。

そして時代は流れて今ではオーシャンビューが重宝される時代となり。そのニーズに対応しようと建設されたのが全室オーシャンビューの新館・マイラニタワーだったのです。

でもですね。ワイキキのどまんなか、しかもビーチに面している!という最高の立地のロイヤルハワイアンで、ガーデンビューのお部屋があるということ自体がかなーりぜいたくなのでは?と思ってしまうパフォラブCocoなのでした。

いや、ほんと、めっちゃぜいたくですよ。

なんなら、ワイキキのビーチフロントで青い海と、ココナッツ・グローブと呼ばれる中庭(かつて王族の遊び場だった高貴な場所です)の両方を堪能できるのが、ロイヤルハワイアンの最大の魅力と言っても過言ではないのです。

本館と新館(タワー棟)で客室は大きく異なる

ロイヤルハワイアン 客室

本館と新館で客室の雰囲気もまったく異なります。

なんなら、別のホテルと思っていただいてもいいくらいです。

それぞれのよさがあり、どちらがおすすめ!とはなかなか言えないのがまた悩みどころです。

どちらがおすすめかは別記事でも解説していますので合わせてご覧くださいね。

おすすめの部屋とその特徴

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング客室

マリオット・ボンヴォイの無料宿泊券やポイントで泊まれるお部屋は本館のお部屋のみになります。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング エレベーターホール

本館のエレベーターホールがまた美しい撮影スポットですのでぜひ泊まったらこちらで写真を撮るのも忘れずにね。

ロイヤルハワイアン 客室階 エレベーターホール

本館・ヒストリックガーデンビューのお部屋詳細

ロイヤルハワイアン ココナッツ・ラナイ

今回は、マリオット・ボンヴォイ・アメリカン・エクスプレス・プレミアム・カードのカード(MBAカード)更新の特典としていただける、無料宿泊券で宿泊できるお部屋のレビューです。

MBAカードの無料宿泊券とは?
  • MBAカードを年間150万円以上利用するとカード更新時にもらえる
  • 50,000ポイント相当のお部屋に泊まれる
  • 有効期限は1年間

ロイヤルハワイアンに無料で泊まれるなんて!かなーりオトクな無料宿泊券ですよね。

今回のレビューは2023年11月に宿泊した際のレビューです。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング 客室

今回は3階の347号室のお部屋でした。

木彫りのドアがクラシカルな雰囲気をかもしだしていますね。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング

カードキーはプラスチック製のカードタイプのものと、リストバンドタイプのものとどちらか選べます。

今回パフォラブCocoは両方いただきました。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング 壁紙

こちらの壁紙も本館ヒストリック・ウイングの特徴です!とてもかわいいですよね。

上品なピンク色に繊細な模様がほどこされた壁紙は、ほかのホテルの追随を許さない圧倒的な高級感も放っていますね。

ロイヤルハワイアン ルームキー

チェックインのときにいただいた案内です。

ピンクのリストバンドがお部屋のキーです。

ベッドルーム

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング 客室

今回はキングサイズベッドのお部屋でした。

ベッドは高さがあるので小柄なアジア人女性だと、のぼるのがちょっと大変かもです(笑

身長160cmのパフォラブCocoでも、のぼるのにやや苦労したレベルです。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング 客室

広々としたサイズのベッドでひとりではおおきすぎました。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング 客室

ロイヤルハワイアンのベッドメイキングですが、シーツをなかに入れ込まないのが個性的ですよね。

一般的なホテルだと、はがしたくなるくらいガッツリ入れ込んであるのがふつうな印象なのでおもしろいなと思いました。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング 客室

本館ヒストリックウイングのお部屋の家具が、これまたとってもかわいいのですよね。

こちらのお花模様のソファー椅子と、カーテンの色のマッチング具合がまた絶妙です。大好き!

重厚感のあるダークウッドの家具で、クラシカルな内装に統一されていますね。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング 客室

窓辺にあるテーブルです。

テーブルの上にはアイスペールと無料のボトルのお水が用意されています。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング 客室

私物を並べて撮影してみました(笑

写真のグッズはすべてホテル内のショップで購入できます。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング 客室
ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング 客室

ちなみに。写真のコーヒーはホテル内のロイヤルハワイアンベーカリーで購入したコーヒーです。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング 客室

こちらのお部屋はお隣りのお部屋とつないで使えるタイプのコネクティングルームでした。

奥に見える白いドアでお隣りの部屋とつながっています。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング 客室

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング 客室

ベッドの上のファンも電動でした。ライトもついているファンで、ついている紐を引っ張って操作する仕様でした。

なかなかレトロな感じでこれまたいいですよね。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング サイドテーブル

ベッドサイドのテーブルです。窓辺の丸テーブルと同じ仕様のもので、統一されていていいですよね。

テーブルの上にあるもの:

  • ライト
  • 電話
  • アラーム時計(電源ポート付き)
  • メモ帳とボールペン(どちらもロイヤルハワイアンのロゴ入り)

引き出しの中には聖書も入っていました。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング サイドテーブル

ベッドの反対側サイドにもベッドサイドテーブルがあります。

ライトがかわいいですよね。

こちらにマリオットのバケーションクラブの案内がありました。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング テレビ

ベッドの向かいに大型のテレビがあります。

こちらのテレビはいつもお部屋に入るとホテルの案内が流れています。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング デスク

お部屋に入口横に大きめのデスクがあります。

デスクの下には引き出しもたくさんついていますが、なかにはなにも入っていません。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング デスク

デスクの上にはホテルの案内のブックレットがあります。

ラグジュアリーコレクションの本とか、興味深いですよね。ロイヤルハワイアンももちろん掲載されていますよ。

ラグジュアリーコレクションとは?

ラグジュアリーコレクションは、マリオット・インターナショナルが展開する世界的に有名なホテルやリゾートを集めたコレクションです。ユニークで本格的な経験を提供することを目的としています。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング ドア

お部屋のなかから見た、お部屋のドアです。こちらの木彫りのドアですが、なんと手彫りなんだそう!なんと貴重で高価なものなのでしょう。

ピンクのプライベートダグもかわいいですよね。

とことんピンクなピンクパレスが大好きです!

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング ドア

お部屋の外側から見た木彫りのドアです。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング 客室

案内がいちいち日本語でもあるのがうれしいところ。さすが、日本企業がオーナーのホテルです。

ロイヤルハワイアンは日本の企業である国際興業が所有するホテルです。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング エアコン

ベッドの上のファンを作動させるだけでも充分なのですが、エアコンの空調もあります。

こちらは作動させると音が少々気になるのが難点でした。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング 客室

ベッドの上で自撮り撮影(笑

ハワイだと髪にお花をつけていても違和感ないのがすばらしいです。

バスルーム

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング バスルーム

バスルームはクローゼットのお隣りにあります。

今回はバスタブのない、シャワールームだけのお部屋だったのですが、バスタブがついているお部屋もあります。

このあと、2023年12月にポイント泊で宿泊した際には同じ本館でしたが、バスタブがあるお部屋でした。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング バスルーム

バスルームのシンクです。やや手狭な感じもしますが、使いにくいとは感じませんでした。

鏡のまわりがライトになっているのがうれしい配慮ですね。

写真の白く見えるわくがライトです。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング バスルーム

アメニティ類は必要最小限のものが用意されています。

お部屋によっては歯ブラシがない場合がありますが、お願いすれば持ってきてくれますのでご安心ください。

ちなみに。LINEでお友だち登録すれば日本語でお問い合わせができるのでとっても便利です。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング アメニティ

アメニティの一覧です。

アメニティ類:

  • 歯ブラシセット
  • バニティキット(コットン・綿棒・爪やすり)
  • 固形せっけん
  • シャワーキャップ
  • ソーイングキット
  • ボディローション

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング アメニティ

固形せっけんはマリエ・オーガニクスです。ロイヤルハワイアンホテル内にショップもある、ハワイ、カウアイ島発のオーガニックブランドです。

「Malie Organics – マリエ・オーガニクス」はハワイの花々から抽出したエッセンスを贅沢に使用した、その名の通りピュアでナチュラルなオーガニック製品のラグジュアリーなブランドです。

こちらのせっけんは香りがとても気に入って、持ち帰って使っています。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング バスルーム

洗面台のお隣りにトイレがありました。

やや旧式のトイレですが、不便は感じませんでしたよ。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング バスルーム

シャワールームです。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング シャワールーム

バスタブはないですが、シャワーハンドルが外せて手で持って使えるタイプなので、日本人には使いやすいと思います。

ハワイでは固定されているタイプが主流だと思いますのでうれしいですよね。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング アメニティ

シャワールームのなかに設置されているシャンプー、コンディショナー、ボディウォッシュもマリエ・オーガニクスのものでした。

こちら、いちど別のものに変わって、またマリエ・オーガニクスに復活していたのでうれしかったです。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング ドライヤー

ヘアドライヤーはなぜかシンクの下のスペースに置いてありました。横には予備のトイレットペーパーがありました。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング ドライヤー

ヘアドライヤーは大きくて風量もバツグンでした。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング ドライヤー

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング バスローブ

バスルームのドアの内側にピンクパレスのオリジナル!ピンクのバスローブがかけてありました。

もうひとつはクローゼットのなかにありますのでご安心ください。

オリジナルのバスローブ

ホテルオリジナルのピンクのバスローブはイタリアのブランド Frette – フレッテのものです。バスローブはホテル内のショップでも購入できます。THRインスパイアードとアクセンツ、両方のショップで購入が可能です。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング バスルーム

やや狭いな、と感じるバスルームでしたが、お部屋によって仕様がさまざまなのでご参考までに。その分お部屋は広めなのでありがたいです。

クローゼットルーム

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング クローゼットルーム

お部屋に入ってすぐ右手がクローゼットルームでした。

こちら、独立したお部屋になっているのであえて「ルーム」と呼ばせていただいています。

ホテルでこのような造りになっているのはめずらしいのでは?古き良き大航海時代のゲストは、さぞ荷物も多かったのでしょうね。なのでこのようなクローゼットルームが必要だったのでしょう。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング クローゼットルーム

クローゼットルームのなかに白い棚があり、セーフティボックスが設置してありました。

使い捨てのスリッパもあります。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング クローゼットルーム

ランドリーサービスのグッズも壁に設置してあってスッキリして見えていいですよね。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング クローゼットルーム

クローゼットルームのなかにピンクのバスローブがあります。

大きめのアイロン台とアイロンも用意されています。アイロンが壁に設置されているのもスッキリ見えていいですね。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング バスローブ

ロイヤルハワイアンオリジナルのピンクのバスローブは、ホテル内のショップで購入して自宅でも愛用していますよ。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング バスローブ

バスルームのドアの外側が鏡になっていて、身支度をするのにとても便利でした。

全体を映すことができる鏡は必須ですね。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング バスローブ

ミニバーコーナー

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング ミニバーコーナー

テレビの下の扉のなかがミニバーコーナーになっています。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング ミニバーコーナー

コーヒーマシンとコーヒー類です。

コーヒーはデキャフェ(カフェインレス)のものも用意されていました。

カップは紙のカップのみです。まあ、そのほうが衛生的ですよね。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング 湯沸かしポット

湯沸かしポットもあります。

熱いお湯が作れて便利です。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング 冷蔵庫

冷蔵庫もテレビの下の扉のなかに隠れています。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング 冷蔵庫

冷蔵庫にはなかに温度を調節するつまみがついていて、最大にするとお水も凍ってしまうほどキンキンに冷やすことができますよ。

暑いホノルルではこれ、うれしいですよね。

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング 冷蔵庫

冷蔵庫のなかにはなにも入っていません。

ラナイ(ベランダ)がないのが唯一のデメリット

ロイヤルハワイアン ヒストリック・ウイング 客室

ロイヤルハワイアンの本館・ヒストリック・ウイングのお部屋ですが、ラナイ(ベランダ)がないのが唯一の難点なのですよね。

スイートルームとかならラナイ付きもあるようなのですが。

オーシャンビューのお部屋を重視したいあなたはマイラニタワーいったくですね。

ダイニング&ショッピング

ロイヤルハワイアン サーフラナイ

ロイヤルハワイアンにはとても魅力的なレストランやバーがあります。

Surf Lanai – サーフラナイ

ロイヤルハワイアン サーフラナイ

サーフラナイは朝食会場にもなっているレストランです。

同じレストランが、夜はアズーアと名前を変えて営業しているという、ユニークなスタイルです。

レストラン名サーフラナイ
営業時間毎日 6:30AM – 10:30AM(朝食)
ドレスコードリゾートカジュアル
※最新の営業時間は随時ご確認ください
レストラン名アズーア
営業時間水〜日曜日 5:30AM – 8:30PM(朝食)
ドレスコードリゾートカジュアル(水着やビーチサンダルは不可)
※最新の営業時間は随時ご確認ください
ロイヤルハワイアン サーフラナイ

サーフラナイの入り口のところにある看板も、Surf Lanai – サーフラナイとAzure – アズーアの兼用となっています。

ロイヤルハワイアン サーフラナイ

朝食の時間帯にはこちらに並ぶ列ができています。

ホテルの朝食付きプランの場合、朝食はこちらのサーフラナイが会場となります。

ロイヤルハワイアン サーフラナイ

ワイキキビーチやダイヤモンドヘッドをながめつつの優雅な朝食タイムが満喫できます。

サーフラナイについてはこちらの記事にてまとめています。

Mai Tai Bar – マイタイバー

ロイヤルハワイアン マイタイバー

マイタイバーはワイキキビーチに面した、オープンエアーの開放的な雰囲気のバーです。

ホテルのバーなのに、気軽に立ち寄れるカジュアルな雰囲気が魅力です。

レストラン名マイタイバー
営業時間毎日 11:00AM – 11:00PM
(お食事ラストオーダー 9:45PM)
(ドリンクラストオーダー 10:45PM)
ドレスコードカジュアル
※最新の営業時間は随時ご確認ください

ロイヤルハワイアン マイタイバー

マイタイバーはいつも宿泊ゲストでにぎわっています。

ロイヤルハワイアン マイタイバー

マイタイバーについてはこちらの記事にてまるっと解説しています。

TRHインスパイアード&アクセンツ

ロイヤルハワイアン TRHインスパイアード

TRHインスパイアードは本館にあるショップで、アクセンツはマイラニタワーの近くにあるショップです。

どちらもロイヤルハワイアンのオリジナルグッズを多数扱っているショップです。

ロイヤルハワイアン アクセンツ

アクセンツにはグッズ以外にも日用品なども置いてあります。

TRHインスパイアードのほうが品揃えも多く、グッズ中心のショップになっています。

ロイヤルハワイアンベーカリーでもロイヤルハワイアンのホテルオリジナルグッズが販売されています。ちなみに。ホテル直営なのがロイヤルハワイアンベーカリーなので、こちらのグッズはオフィシャルなグッズということになりますね。

ロイヤルハワイアンベーカリーで扱っているグッズについてはこちらの記事にてまとめています。

TRHインスパイアードとアクセンツですが、営業時間内であっても、スタッフさんの休憩時間などでクローズしている時間があったりしますのでご注意を。

ロイヤルハワイアンベーカリー

ロイヤルハワイアンベーカリー

ロイヤルハワイアンベーカリーはロイヤルハワイアンの創業90周年を記念してオープンした、ワイキキでは初のホテル直営のベーカリーです。

本館のココナッツ・グローブが見渡せるココナッツ・ラナイにあります。

ショップ名ロイヤルハワイアンベーカリー
営業時間毎日6:00AM – 12:00PM
※最新の営業時間は随時ご確認ください

ロイヤルハワイアンベーカリー

オープンエアーの空間なので、ホテルのベーカリーなのにとても開放的な雰囲気なのが特徴です。

宿泊していなくても気軽に立ち寄れるカジュアルさが魅力ですね。

ロイヤルハワイアンベーカリー
ロイヤルハワイアンベーカリー
ロイヤルハワイアンベーカリー

ロイヤルハワイアンベーカリー

ロイヤルハワイアンベーカリーではロイヤルハワイアンのオリジナルグッズも販売しています。

ただし、営業時間がお昼の12時までと短いのでご注意くださいね。

ロイヤルハワイアンベーカリーについてはこちらの記事にてまるっと解説しています。

レジャーとアクティビティ

ロイヤルハワイアン マルラニ・プール

ロイヤルハワイアンにはかわいらしい丸い形のプール「マルラニ・プール」があります。

また、ホテル主催のさまざまなアクティビティも日替わりで開催されています。

マルラニ・プール

ロイヤルハワイアン マルラニ・プール

マルラニプールは丸い形のプールで、そのまわりにピンクのパラソルが並んでいます。

マイラニタワーの客室から見下ろせる位置にあります。

マルラニプールのピンクのパラソル席は無料なので、朝早くから争奪戦がはじまっています(笑

ロイヤルハワイアン マルラニ・プール

奥に見える白いカバナ席は有料です。

ロイヤルハワイアン マルラニ・プール

マルラニ・プールでは物足りないあなたは、お隣りにある姉妹ホテルのシェラトンのプールも利用することができます。お子さんがいらっしゃる方にはうれしいですね。

ロイヤルハワイアン マルラニ・プール

ロイヤルハワイアン マルラニ・プール

ロイヤルハワイアン マルラニ・プール

ロイヤルハワイアンもシェラトン・ワイキキもマリオット・ボンヴォイの系列ホテルです。

マルラニプールにはタオルも無限に用意されています。

また、プールの営業時間にはフリーのお水も用意されています。

無料のアクティビティ

ロイヤルハワイアン アクティビティ

ロイヤルハワイアンではリゾート料金の特典として、さまざまなハワイアンカルチャー・アクティビティに無料で参加できます。

毎日曜日ごとに日替わりでさまざまなアクティビティが開催されています。

モーニングヨガなどの人気のアクティビティはすぐに予約が埋まってしまうので、なんなら出発前に日本から予約しておくことをおすすめします。

予約は1週間前から公式サイトでネット予約できます。

ロイヤルハワイアン アクティビティ

ココナッツ・グローブでのモーニングヨガは、すがすがしい1日のはじまりにピッタリです。

パフォラブCocoもなんどか参加させていただきましたが、大地からのパワーももらえた気がしましたよ。

ロイヤルハワイアン アクティビティ

モーニングヨガは毎日開催されていて、大人気のアクティビティです。

ロイヤルハワイアンの無料で参加できるアクティビティについてはこちらの記事にてまとめています。

ロイヤルハワイアンのよくある質問

ロイヤルハワイアン ココナッツ・ラナイ

ロイヤルハワイアンのよくある質問をまとめておきます。

ロイヤルハワイアンはハワイの何島にあるの?

ロイヤルハワイアン エントランス

ロイヤルハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート,ワイキキはハワイのオアフ島にある老舗ホテルです。

オアフ島は、ハワイ諸島の中で最も人口が多く、観光地としても有名な島です。

ハワイ州の州都ホノルルがあり、多くの人々が訪れる観光スポットや美しいビーチが点在しています。

オアフ島には、ワイキキビーチやパールハーバーなどの有名な観光地があります。

ロイヤルハワイアンはなぜピンク色なの?

ロイヤルハワイアン エントランス

ロイヤルハワイアンのロイヤルピンクの由来はなんと!ポルトガルのリスボンの家々にあるようです。

ロイヤルハワイアンの正式名称は?

ロイヤルハワイアン エントランス

ロイヤルハワイアンの正式名称は、ロイヤルハワイアン, ラグジュアリーコレクションリゾート, ワイキキです。

ロイヤルハワイアンホテルとホテルをつけて呼ばれたりしますが、正式名称にホテルはついていません。

マリオット・ボンヴォイ系列の、ラグジュアリーコレクションというブランドのホテルです。

ロイヤルハワイアン ブックレット

ロイヤルハワイアンの客室にもラグジュアリーコレクションのブックレットが置いてあります。

ロイヤルハワイアンの別名は?

ロイヤルハワイアン エントランス

ロイヤルハワイアンは別名「太平洋のピンクパレス」として有名です。

英語で”Pink Palace of the Pacific“ですね。

ロイヤルハワイアンは何階建て?

ロイヤルハワイアン ココナッツ・グローブ

ロイヤルハワイアンには本館と新館のタワー棟があります。

本館のヒストリック・ウィングは6階建てで、タワー棟のマイラニタワーは17階建てです。

ちなみにマイラニタワーに13階はありません。アメリカのホテルあるあるですね。

アメリカのホテルに13階がない理由

アメリカのホテルで13階がないのは、13が不吉な数字とされるためです。13が不吉とされるのは、西洋の文化圏においては、キリスト教の最後の晩餐に参加した13人の弟子のうちの1人がイエス・キリストを裏切ったことに由来しています。このため、13が不吉な数字と見なされ、ビルやホテルなどの建築物において、13階が省かれることがあるのです。

マイラニタワーの高層階である、8階から17階は「マイラニ・タワー・プレミア・オーシャン」と呼ばれていて、客室の料金も下の階より高めに設定されているなどの違いがあります。

ロイヤルハワイアンベーカリーは何階にある?

ロイヤルハワイアンベーカリー

2017年2月1日に、ロイヤルハワイアンの90周年を記念して創業したのが、ロイヤルハワイアンベーカリーです。

ホテルの本館1階、ココナッツ・ラナイにあります。

ココナッツ・ラナイはオープンエアーの空間なのでとても開放的な雰囲気でコーヒーをたのしむことができるおすすめスポットです。

ロイヤルハワイアンのリゾート料金はいくら?

ロイヤルハワイアン ルームキー

ロイヤルハワイアンのリゾート料金は1泊につき42ドルです。(2024年現在)

リゾート料金以外にも、ハワイ州のホテル税などもろもろがかかりますのでご注意ください。

リゾート料金に含まれる特典(アメニティ)
  • ロイヤルハワイアンシグネチャーバナナブレッドマフィン
  • GoPro Heroの1日レンタル(1室1滞在につき1回)
  • ポケットWifiのレンタル(MiFi)
  • WiFiの接続
  • 各種アクティビティの参加(モーニングヨガなど)

マリオットボンヴォイのプラチナ会員なら、ロイヤルハワイアンベーカリーでお好きなパンを3種類、無料で選ぶことができます。

ロイヤルハワイアン アメニティギフト

パフォラブCocoが今回いただいたパンたちです。

これ、円安の今、たぶん3,000相当の価値がある高級ギフトです。

アクセスと周辺情報

ロイヤルハワイアン 外観

ロイヤルハワイアンはワイキキの中心地に位置しています。

ダニエル・K・イノウエ国際空港から9マイル(約8キロ)の距離です。

ロイヤルハワイアンへのアクセス方法

ホノルル国際空港からのアクセスは乗り合いのシャトルバスが便利です。

パフォラブCocoがいつも利用しているのは、ロバーツハワイというシャトルバスです。

また、ウーバータクシーも利用できます。

ウーバーだと少し割高ですが、自分ひとりで乗り合いではないので、ホテルに早く到着したい場合はおすすめです。

空港からの所要時間は約20分ほどです。

ロイヤルハワイアンの周辺情報

ロイヤルハワイアンのすぐ近くにロイヤルハワイアンセンターがあります。

両方ロイヤルハワイアンなのでまぎらわしいですよね(汗

ロイヤルハワイアンセンターの2階には新しくできたフードコートもあって、お食事を軽く済ませたい場合にはおすすめのスポットです。

ロイヤルハワイアンセンター

ポケが大好きなパフォラブCocoはロイヤルハワイアンセンターのフードコートのポケをたまに食べます。

ポケ(poke)はハワイ語で「切り身」を意味し、魚介類の切り身を調味料で和えた伝統的なハワイ料理です。アヒポケというまぐろのポケが有名です。

トッピングは全部乗せで(笑

ライス抜きのポケ丼で10ドルほどだったと思います。

アヒポケボール

スパイシーなポケ丼をマイラニタワーのラナイでいただくのもぜいたくですよね。

さいごに

ロイヤルハワイアン 外観

ロイヤルハワイアンのおすすめポイントをまとめておきます。

ロイヤルハワイアンのおすすめポイント
  • とにかく立地がよい
  • ショッピングにもワイキキビーチにもすぐ行ける
  • オールドハワイを感じる大人向けホテルで落ち着いた雰囲気
  • とにかくピンクがかわいい
  • 建物そのものが建築物として美しい
  • ココナッツ・グローブの緑とワイキキビーチの海の両方が楽しめる

パフォラブCocoが愛してやまない!ロイヤルハワイアンについて、その魅力をお伝えしてきました。

Cocoです

ピンクパレスには毎年宿泊しているので、写真も鬼のようにたくさんあり。すべて載せきれないのが残念です。

みなさんもぜひぜひ!ピンクパレスで極上のハワイを体験されてみてくださいね。

お支払いはマリオットアメックスプレミアム(通称MBAカード)がお得です!

Mrriott Bonvoy – マリオット・ボンヴォイ系列のホテルでの宿泊やレストラン利用時のお支払いには、Marriott Bonvoy(マリオット・ボンヴォイ)アメリカン・エクスプレス・プレミアム・カードをお持ちの方はこのカードでお支払いがお得です。

100円=6Marritt Bonvoyポイント相当が付与されるので、通常の2倍お得です。

(通常のコンビニなどのお支払いでは100円=3ポイント

マリオットアメックスプレミアムには、Mrriott Bonvoy – マリオット・ボンヴォイのゴールドエリート会員資格も付帯していますので、持っていて損はないカードですよ。

Cocoです

私CocoもSPGアメックス時代からメインカードとして激しく愛用中です。

マリオットアメックスプレミアムとは?

アメリカンエクスプレスと世界最大のホテルグループ、マリオット・インターナショナルが提携して発行するクレジットカードです。SPGアメックスからさらに特典をパワーアップして2022年2月24日に生まれ変わりました!

年会費は34,100円(税込)から49,500円(税込)にアップしたのですが、その分家族カードが1枚無料で作れたり、さまざまな手厚い特典ありとバージョンアップしています。

ゴールドエリート会員資格はもちろん自動付与、新しく追加でスマートフォンの修理費用補償(最大30,000円相当分)などが付いています。

おもなゴールドエリート会員の特典
  • 最大14時までのレイトチェックアウト
  • 客室の無料アップグレード(空き状況による)
  • 宿泊時ウエルカムギフトのポイント(250 or 500)がもらえる
  • 宿泊で得られるポイント25%多くもらえる(1米ドル12.5ポイント)

このほかにもさまざまな特典があります。

マリオットアメックスプレミアムのいちばんお得な作り方!

カードを作るだけでMrriott Bonvoy – マリオット・ボンヴォイのゴールドエリート会員になれ、マリオット提携のラグジュアリーなホテルで優遇が受けられたり、貯まったポイントで無料宿泊や、さらにはポイントをマイルに交換できる!旅好きには最強クレジットカードの【マリオットアメックスプレミアム】をお得に作りたいあなたへ。

最後に私Cocoから、このカードをいちばんお得に発行できる「紹介入会プログラム」のご紹介です。「紹介入会プログラム」とは、紹介者からもらったURL経由でカードを申し込むとお得になるという神プログラムです。

入会後3か月以内に合計30万円以上のカード利用で45,000ポイントがもらえます。

公式サイトからの入会だと最大39,000ポイントなので、紹介入会のほうが6,000ポイントもお得なのです!

お申し込み方法はとっても簡単です。

マリオットアメックスプレミアムの紹介入会お申し込み方法
  1. マリオット・ボンヴォイの会員登録をマリオット公式サイトで行う
  2. この上のバナー「マリオットアメックスプレミアムのお得な紹介入会はこちら」をクリックし、ニックネームとメアドを送信(必要なのはこのふたつだけ!)
  3. もしくはパフォーマンス・ラブリー/CocoのInstagramをフォローして「マリオットアメックスプレミアムお友達紹介希望」とDMを送信
  4. パフォーマンス・ラブリー/Cocoがお送りしたURLからマリオットアメックスプレミアムカードを申し込む

Cocoです

まだ申し込むかお悩み中で決まっていない場合でもご紹介のURLをお送りしますので、カードを作るか考え中の方もお気軽にどうぞ♪

あなたもこの機会にマリオットアメックスプレミアム(通称MBAカード)を作って、次の旅行からはもっとお得でラグジュアリーな体験を手に入れましょう。

それでは、また♡

ABOUT ME
アバター画像
Coco
はじめまして。アラフィフ現役CA(キャビンアテンダント)+大手前大学通信学部学生+マナー講師+別居婚のCocoです。ハワイとピンクをこよなく愛しています。好きな言葉は想定外!人生予測不可能だから楽しいのです。自分を幸せにできるのは自分だけ♡一緒に人生を楽しみましょう! FOLLOW ON INSTAGRAM
Follow Along On Instagram!

Instagramも毎日更新中です!

Followありがとうございます♡

Follow Along On Instagram

RELATED POST