ブログ運営

【悲報】AdSenseポリシー違反の原因が分からず5回もレポートが届いた!その原因とは?

こんにちは、パフォーマンスラブリーのCoco(@performancelovely)です。

ある日突然Googleさまから、AdSenseサイト運営者向けポリシー違反というレポートが届いてしまいました。

5回めの挑戦にしてやっとGoogle AdSense審査に合格したのもつかの間、ある日突然「AdSenseサイト運営者向けポリシー違反レポート」という通知が届いてしまいました。

Googleさまからの通知ですから、それはあせりますよね。

私の場合、原因がわからないままなんと5回も同じ「AdSenseサイト運営者向けポリシー違反レポート」をいただいてしまいました。

この記事では私の場合の解決方法をシェアしています。

この記事を読むメリット
  • AdSenseポリシー違反の原因が思わぬところにあった事例がわかる
  • 判断はシステムによるものだとの認識(人ではない)がヒントになることがわかる

この記事を書いているのはこんな人
  • 昨年6月より、見よう見まねでJINのテーマでブログ運営をはじめた、アラフィフCA(キャビンアテンダント)です

それではさっそく見ていきましょう。

AdSenseポリシー違反の原因がわからない!

はじめてAdSenseポリシー違反のレポートをいただいたのが、今年2月下旬のこと。AdSense審査に合格してからまだ1か月も間もない頃でした。

「AdSenseサイト運営者向けポリシー違反レポート」

突然こんなタイトルのメールを受け取ったら、かなりあせりますよ!

な、な、なんだって!?

あわててメールのリンクからAdSenseのサイトに行き、内容を確認します。それによると、

  • 問題はアダルトコンテンツ(性的な内容)
  • 問題はサイト単位ではなくページ単位
  • 修正は不要
  • 広告配信の需要が制限されている状態

アダルトコンテンツって言われても、ピンとくるものがまったくなく。

でも判断するのは人間の目ではなくAI(機械)だと思うので、なにかが引っかかってしまったのでしょう。

それはいったいなんなのか???

ちなみにAdSenseポリシー違反の範囲には4種類あるようです。

  1. ページ単位
  2. セクション単位
  3. サイト単位
  4. アカウント単位

私の場合はページ単位での違反とのことでした。

AdSenseポリシー違反の原因がわからない対処法として、WEBLABさんのこちら記事が大変参考になりましたので、ご紹介しておきます。

WEBLAB(株)のスタッフブログ

まずはAdSenseポリシーを再確認

AdSense申請を5回もしている私Cocoですから、GoogleさまのAdSenseポリシーは何度も確認していたつもりです。

Google AdSense申請5回めにしてやっと合格した経緯はこちら。

でも再度Google AdSenseヘルプを、注意深く読み返して見ることにします。

読めば読むほどいろいろと懸念が浮上してきてますます混乱する私。

ググってみると、アスリート系の写真で同じようにアダルトコンテンツの警告を受けてしまったケースがある模様です。プロレスとかお相撲とかですね。

アップしたすべての写真を疑ってみる

なるほどやっぱり写真があやしい!そう思った私は、アップしたすべての写真を思い返してみました。

  • アスリート系はないけど、人物の写真があやしいの?
  • それとも人間とはまったく関係ない画像が誤認されている?
  • もしや自分の手の画像がいけないの???

こんな感じで、疑いを持って見るとなんだか全部があやしく思えてきてしまう、そんな状態でした。

Cocoです

自分では問題ないと思っていても、システムがそう判断するなら「ポリシー違反」ということなのでしょうが。それがわからない!

どのページが問題なのかがわからない!

ググった結果、どうもほかのみなさまのケースはある特定のページが指摘されているようなのですが、それならその記事に的を絞って検証できますよね?

困ったことに私の場合は指摘されているのがトップページのURLだったのです。

Cocoです

それでサイト単位じゃないってとういうこと???

ますます迷路にハマっていく私。

ちなみにAdSenseのサイトの問題のページから「審査をリクエスト」することもできたのですが、なにも修正していないのに審査をリクエストするのも気が引けまして。

でも試しにリクエストしてみたら解決していたかもしれませんね。今となってはわかりませんが、それもひとつの手だったと思います。

誤検知が疑われる場合は、なにも修正せずに「審査をリクエスト」しても問題ないようです。

そのまま放置を選択するも…

お手上げ状態になってしまった私は、そのまま放置するという選択をしてしまいます。

Cocoです

広告主による需要の制限を許容できるなら、とくに対応は不要ってあるし…。

なんだかもやもやが取れないけど、わからないものは対応のしようがない、ということであきらめました!

ですが、そのあともGoogleさまからレポートは届きまして、結局5回も同じ警告メールをうけとってしまったのでした。

「AdSenseサイト運営者向けポリシー違反レポート」のメールが届いたら、SEOにも影響しますので、私のように無視してはいけません!

ちなみに毎月2回のペースで同じメールが届き、AdSenseサイトで確認すると内容はまったく同じという状況でした。

5回もレポートが!

もしや私の画像の肌の露出が問題なの?

昨日のことです。朝起きるとまた、AdSenseポリシー違反のレポートメールが届いており、おかげさまで大変ブルーないちにちの幕開けを迎えてしまった私ですが、ふと気づいたことがありました。

もしやトップページの私の画像がアダルトコンテンツなの???

上の写真がそれまでトップページのヘッダー画像に使っていた写真なのですが、待てよと。

見ようによっては肌の露出が多すぎて問題なのかも?

皆さん一緒だと思うのですが、自分のサイトのトップページなんてもう見慣れすぎてしまっていて、空気と一緒!新しい目で見て判断することなんてできなくなっていたのですよね。

こんな流れで、イチかバチかでトップページのヘッダー画像を変更してみたのでした。

修正して審査をリクエスト

そしてAdSenseポリシー違反のレポートを受け取ってからはじめて「審査をリクエスト」してみました。

先ほどのAdSenseサイトの「ページに関する問題」の左下に、青色で「審査をリクエスト」のボタンがあります。

操作自体はワンクリックで終了でとても簡単でした。

あっけなく問題解決!

翌朝、起きてみると早速Googleさまからメールが届いておりました。タイトルは同じで「AdSenseサイト運営者向けポリシー違反レポート」です。そして・・・、

まさかのポリシー違反は解決です!

そうです。やっぱり私の画像がアダルトコンテンツと判断されていた模様です。

まじか。でもとりあえず本当によかった!

さいごに

無事に問題解決!

AdSenseポリシー違反がまさかの自分の画像だった、という私のケースを見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

今回学んだことまとめ
  • AdSenseポリシー違反のレポートは放置してはいけない
  • 誤検知が疑われる場合はなにも修正せず「審査をリクエスト」もあり
  • なぜならシステムが過敏に反応することもあるから
  • 日頃からAdSenseポリシー遵守を意識したコンテンツ作りをすることが重要

私の場合は気づくのが遅すぎて、しかもずっと放置してしまっていたということで反省点だらけなのですが、ともかくひと安心です。めでたしめでたし。

Cocoです

てか、私の画像ってアダルトコンテンツだったんだ!というオチで(爆

これからもAdSenseポリシー遵守で、かつ真摯に読者さま目線のコンテンツ作りを心がけていきたいです。

この記事がどなたかの参考になれば嬉しいです。

では、また♡

ABOUT ME
Avatar photo
Coco
はじめまして。アラフィフ現役CA(キャビンアテンダント)+大手前大学通信学部学生+マナー講師+別居婚のCocoです。ハワイとピンクをこよなく愛しています。好きな言葉は想定外!人生予測不可能だから楽しいのです。自分を幸せにできるのは自分だけ♡一緒に人生を楽しみましょう! FOLLOW ON INSTAGRAM
Follow Along On Instagram!

Instagramも毎日更新中です!

Followありがとうございます♡

Follow Along On Instagram

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA