ハワイおすすめ

【最新版】【コロナ禍ハワイ】 ピンクパレス パンケーキが大人気!ロイヤルハワイアン【サーフ ラナイ Surf Lanai】の朝食レポート

こんにちは、パフォーマンスラブリーのCoco(@performancelovely)です。

今回はロイヤルハワイアンホテルのレストラン【サーフ ラナイ – Surf Lanai】のレポートです。

私Cocoは2021年6月から7月にかけて、コロナ禍のロイヤルハワイアンホテルに宿泊してきました。

ロイヤルハワイアンに泊まっている方ならもちろん、泊まっていなくても!ハワイに行ったらぜったい訪れてほしいのが【サーフ ラナイ – Surf Lanai】です。

【サーフ ラナイ – Surf Lanai】とはロイヤルハワイアンホテル1階にあるレストランで、ワイキキビーチやダイヤモンドヘッドといった、ハワイの鉄板!とも言える景色を堪能しながら朝食がいただける、ピンクのパラソルが印象的なレストランです。

今回はコロナ禍ということで、マイラニタワーの宿泊者専用の「マイラニラウンジ」がクローズしている影響で、マイラニタワー宿泊者の特典であるラウンジでの無料朝食の会場がこちらの【サーフ ラナイ – Surf Lanai】になっていました。

「コンチネンタル ブレックファースト」(コンチネンタル朝食)ということでそれなりの内容ではあったのですが、サーフ ラナイという場所で毎日朝食がいただけただけでも幸せでした。

この記事を読むメリット

この記事ではサーフ ラナイの行き方や最新情報をお届けします。次回のハワイ旅行の参考にされてくださいね。

今回のお題の舞台はこちら。

サーフ ラナイ – Surf Lanaiは、夜はアズーア – Azureになる

サーフ ラナイはロイヤルハワイアン – The Royal Hwaiian, a Luxury Collection Resort, Waikiki の中にあるレストランです。

朝食メニューを提供しています。

同じレストランが夜は名前を変えて「AZURE – アズーア」になるという、ちょっとわかりにくいシステムになっています。

写真の看板だと椅子に隠れて見えにくいのですが、看板の上には「AZURE – アズーア」下には「SURF LANAI – サーフ ラナイ」と書かれています。

サーフ ラナイもアズーアもドレスコードは「リゾート カジュアル」なのでご安心ください。

サーフ ラナイ – Surf Lanaiの行き方

サーフ ラナイの行き方ですが、マイラニタワーからなら、サーフ ラナイのレストランの中を通って入ってくることも可能です。

ここではホテルの本館のエントランスからの行き方をご案内します。

バニヤンツリーやヤシの木が植えられている、ロイヤルハワイアンの正面エントランス前です。きれいに整えられたグリーンの芝生も美しいですね。

グリーンにピンク色の建物が映える〜

美しいたたずまいに感動しながら進んでいきましょう。

こちらがホテルの正面の入り口(メインエントランス)から、ホテルの本館に入る階段のところです。

この手前が車寄せになっています。

正面の入り口からホテルに入って、ビーチ方面である右手に進みます。

入って右方面(ビーチの方向です)に進むと、このおなじみの光景が目に飛び込んできます。この先にワイキキビーチが広がっています。ワクワク・ドキドキする瞬間ですよね。

スペイン様式にイスラム文化を取り入れた「スペイン・ムーア様式」で建てられたロイヤルハワイアンの特徴なのが、このアーチ型の大きな柱なのです。

Cocoです

この景色を見るといつもボルテージ全開になって「ハワイに来た〜」って思います。

さきほどの光景にワクワクしつつ、今度は左手方面に進むと、突き当たり手前がサーフ ラナイやマイタイバーへと続く道になっています。

またまたアーチ型の柱の向こうにピンクのパラソルが見える!きゃあですね。本当にかわいい!

この通路も本当に絵になる!ハワイの自然豊かな木々のグリーンと色鮮やかなピンクのパラソル、そして青い海と青い空です!

これ以上のコントラストはない(涙

とってもフォトジェニックな通路を進むと、正面右側に見えてくるのが【マイタイバー – Mai Tai Bar】です。

【マイタイバー – Mai Tai Bar】はマイタイカクテル発祥のバーとされていて、世界中の人が「いつか行ってみたい!」とあこがれているような伝説のバーなんです。

このバーの特徴は、ワイキキビーチで泳いで、そのままビーチから入ってきてカクテルなどが飲めてしまうという、なんともリゾート感満載のバーというところです。

写真は朝食前に撮影したマイタイバーなので、まだどなたもいらっしゃらないのですが、いつも多くの人でにぎわっている大人気のバーです。

サーフ ラナイ – Surf Lanaiの入り口はマイタイバーの真横

マイタイバーの真横、向かって左側がサーフ ラナイの入り口になっています。

時間帯によっては入り待ち!になってしまい、手前のポールのところで数名が並んでいるということもありましたが、すんなり入れた日もありました。

並ぶときに伝えておいた名前で順番に呼ばれ、スタッフの方が席に案内してくれます。

日によって違うのでなんとも言えないのですが、だいたい8:00前後がいちばん混み合っている時間帯なので、ずらして行くのがおすすめです。

サーフ ラナイ – Surf Lanaiの朝食の営業時間

ロイヤルハワイアン ラグジュアリーコレクションリゾートの朝食をいただけるレストラン「サーフ ラナイ」は現在、ブレックファースト(朝食)のみの営業となっています。

以前はランチタイムの営業もあったのですが、今現在ランチ(昼食)はマイタイバーでの営業となっていますのでご注意ください。(2022年6月)

サーフ ラナイ – Surf Lanaiの営業時間

朝食(ブレックファースト):午前6時30分から午前10時30分まで

どの席に案内されるかはお楽しみ

サーフ ラナイでは朝食時、宿泊者であっても席の予約はできませんので、どの席に案内されるかはお楽しみとなります。スタッフの方が空いている席に案内してくれます。

なのでドキドキしながらついていきましょう(笑

運が良ければカバナ席というラグジュアリーな席に案内してくれるかも!

この写真がカバナ席です。なんともラグジュアリーでリゾート感満載の席ですよね。

4名くらいの家族連れだと、この席に案内される確率があがると思います。2名だと厳しい。

場合によってはレストランの屋内の席に案内されますが、それはそれで落ち着いて食事ができていいのかも。

私達も4日間の滞在中、2日は屋内の席に案内されました。

マイラニタワー宿泊者の無料特典のコンチネンタル ブレックファースト(コンチネンタルの朝食)の場合、ビュッフェがレストラン屋内奥のかどに設置してあるので、屋内の座席のほうが勝手がいいというのもあり、屋内に案内してくれたりするのかも。

どうしてもピンクのパラソル席が良ければ、お願いしてみるのもありだと思います。その場合は、通常より待ち時間が長くなるのは覚悟の上でお願いしましょう。

サーフ ラナイ – Surf Lanaiのピンクパラソルの座席の様子

ピンクのパラソルの座席は、私Coco的には日差しが気になって食事に集中できないので(日焼けしたくない!というだけです)むしろ屋根付きのテラス席のほうがよかったりします。

でもやっぱりいちどはこのピンクのパラソルの座席に座って、朝食をいただいてみたいですよね。

この上の写真だけ、2019年12月撮影のものです。

サーフ ラナイ – Surf Lanaiの屋根付きテラス席の様子

屋根付きのテラス席なら、屋外の席にはなるのですが、日差しは完全にさえぎられていますし、かつビーチの様子も眺めることができるのでちょうどいいバランスかなと思います。

実際に座って食事をしていても、こちらの座席は快適でしたね。

サーフ ラナイ – Surf Lanaiの屋内の座席の様子

室内の座席は落ち着いて食事ができるので、それはそれで人気があるようです。

結構奥行きも広いです。もちろん空調も効いていて涼しいのが屋内席のよいところです。

一段高くなったところにカウンター席があります。その奥のかどにコンチネンタル ブレックファースト(コンチネンタルの朝食)のビュッフェが用意されていました。

コンチネンタル ブレックファーストはいたってシンプル

マイラニタワーの宿泊者の特典である、コンチネンタル ブレックファースト(コンチネンタルの朝食)は、通常であればマイラニタワー1階の「マイラニラウンジ」でいただくものです。

今回はコロナ禍でマイラニラウンジがクローズしていたため、サーフ ラナイに同じようなメニューを持ってきてサーブしていた印象です。

私が勝手にビュッフェと言っていますが、厳密には取り分けてくださる専門の方が常時いらして、ガラス越しに希望を伝えて取り分けてもらう仕組みでした。

各自が自分で取るスタイルだと、やはり衛生面で問題があるということでしょう。これもコロナの影響ですね。

コーヒー紅茶&フレッシュジュースは無料

コンチネンタルブレックファースト(コンチネンタルの朝食)の中に、コーヒーか紅茶、それにプラスしてフレッシュジュースが無料で含まれています。フレッシュジュースは3種類から選べます。

私ははじめ無料なのは、コーヒー&紅茶かフレッシュジュースのどちらかだけだと思っていたのですが、両方無料でついています。

フレッシュジュースは次の3種類から選べました。

  • パイナップルジュース
  • グァバジュース
  • オレンジジュース

私はピンクカラーも嬉しい!グァバジュースを毎日お願いしていました。

コンチネンタル ブレックファーストのメニュー

コンチネンタル ブレックファースト(コンチネンタル朝食)のメニューはだいたい毎日同じ感じのバリエーションでした。

コンチネンタル ブレックファーストメニュー
  • ミックスフルーツ(スイカ、パイナップル、マスクメロン、ブラックベリー)
  • カットのパパイヤ(ライム添え)
  • ヨーグルト(ヨープレイト)
  • ペストリー各種
  • 卵の丸いキッシュ

ペストリーは何種類か用意されていたのですが、ロイヤルハワイアンベーカリーのバナナ マカダミアナッツ マフィンがあってうれしかったです。

私は食べなかったのですが、ヨープレイト – Yoplait のヨーグルトもありました。

朝ごはんはあまり食べない、私のような人はこれで十分でしたが、男性の方だと少し物足りないかもしれません。

もちろん追加でアラカルトメニューを頼むこともできます。

通常時のマイラニ ラウンジの朝食のメニューがどんな感じなのかわからないのでなんとも言えないのですが、かなりさっぱりした感じの品揃えでした。

サーフ ラナイ – Surf Lanaiの朝食メニューのおすすめ

サーフ ラナイの朝食のアラカルトメニューのおすすめはなんといっても、ピンクパレス パンケーキとエッグベネディクトです。

  • ピンクパレス パンケーキ Pink Palace Pancakes $27
  • ショートリブ ベネディクト Short Rib Benedict $38 もしくは
  • アボカドトマト ベネディクト Avocado Tomato Benedict $34

エッグ ベネディクトは2種類ありました。とろっとろのポーチドエッグがたまらない美味しさなのですが、今回はオーダーを断念。

以前はエッグ ベネディクトは1種類(クラッシック エッグベネディクト)しかなかったのですが、2種類になっていました。アボカドの方はベジタリアンの方にも対応していますね。

ちなみにサーフ ラナイのよいところは、フリーで氷入りのお水をじゃんじゃんサーブしてくれるところ。私Cocoはコーヒーと一緒にお水も飲みたい人なので、うれしいです。

お水がなくなったら、ウエイターさんたちが気づいて、こちらから言わなくてもどんどん注ぎ足してくれます。

その分、チップもはずまないといけない!ということになりますね(笑

Cocoです

宿泊プランに含まれている無料朝食だけならチップは不要です。アラカルトメニューを追加した場合はチップも必要になります。

以前あったビュッフェスタイルのメニューは姿を消していて、コンチネンタル ブレックファーストのビュッフェのみになっていました。

メニュー表はORコード式になっている

以前のような手に取って見るタイプのメニュー表はなく、各テーブルにORコードがしるされたプラスチックのプレートが設置してありました。これもコロナの感染対策ですね。

写真はマイタイバーで撮影したものですが、サーフ ラナイでも各テーブルに同じプレートがありました。ORコードを開くとロイヤルハワイアンのダイニング(レストラン)のページに飛ぶ仕組みです。

あこがれのピンクパレスパンケーキ

サーフ ラナイを訪れた日本人が必ずオーダーすると言っても過言ではない!の大人気&鉄板メニューが、「ロイヤルハワイアン ラグジュアリーコレクションリゾート」通称ピンクパレス名物の「ピンクパレス パンケーキ」です。

私Cocoも今回ももちろん、追加でオーダーしました。

ただ気になったのは、前回オーダーしたときにはホイップクリームも乗っていたし、もうちょっとテンション上がる飾り付けだったのですよね。作る人によって差があるのは仕方ないのかもしれませんが、こうも違うとちょっと動揺を隠せなかった私Cocoです。

なので笑顔もちょっとひきつり気味かも(笑

こちらが前回(2019年12月)オーダーしたときのピンクパレス パンケーキです。あきらかに印象が違いますよね。

まあ、お味の方は一緒だったのでよしとしましょう。

また次回オーダーしてみて、その差を検証してみたいと思います。

アラカルトメニューのピンクパレス・パンケーキは27ドル(税・サ別)でした。お値段も以前より上がっていましたね。

日本に帰ってからもピンクパレス パンケーキをおうちで再現できる!ピンクパレス パンケーキミックス $12ドル(税別)もお土産としてその場で購入できます。

ロイヤルハワイアンベーカリーでも買えますが、サーフ ラナイでお会計のときに一緒に購入できるので、買い忘れもなくて便利ですよ。

ロイヤルハワイアンのサーフ ラナイ – Surf Lanaiでの朝食は最高!

ロイヤルハワイアンの【サーフ ラナイ – Surf Lanai】のレビュー記事最新版!をお送りしてきました。

やっぱりピンクのパラソルの下でいただける朝食は最高ですね。

ロイヤルハワイアンに宿泊していなくてももちろん、サーフラナイは利用できますので、滞在中にいちどくらいはぜひ!ワイキキビーチを眺めながら食事ができるレストラン【サーフ ラナイ – Surf Lanai】に足を運んでみてくださいね。

そして名物の「ピンクパレス パンケーキ」をぜひ味わってみてください。

ピンクのパラソルを見るだけで気分もルンルン♪フォトジェニックな写真もたくさん撮れますよ。

みなさんも思い出に残る素敵なハワイ旅行を楽しんでくださいね。

それでは、また♡

ABOUT ME
Avatar photo
Coco
はじめまして。アラフィフ現役CA(キャビンアテンダント)+大手前大学通信学部学生+マナー講師+別居婚のCocoです。ハワイとピンクをこよなく愛しています。好きな言葉は想定外!人生予測不可能だから楽しいのです。自分を幸せにできるのは自分だけ♡一緒に人生を楽しみましょう! FOLLOW ON INSTAGRAM
Follow Along On Instagram!

Instagramも毎日更新中です!

Followありがとうございます♡

Follow Along On Instagram

RELATED POST