ホテル

ハイアットリージェンシー東京で2020年の年越し体験!【宿泊記】

こんにちは、パフォーマンスラブリーのCocoです。

2020年の年越し、そして2021年をハイアットリージェンシー東京で迎えました。

もともとGO TOトラベルキャンペーンで別のホテルを予約していたのですが、まさかのGO TOの一時停止で泣く泣くキャンセル。

それを見かねたパートナーが、たまたまお安くなっていたのを見つけて手配してくれたのがハイアットリージェンシー東京だったのでした。

Cocoです

想像ですが、GO TOトラベルキャンペーンの一時停止で年末年始のキャンセルが続出し、ホテル側もお安く売り出していたのではないかな、と。

予約したのも直前で、通常なら大晦日の宿泊なんてなかなか取れないのが普通なので、異例中の異例ですね。

ハイアットリージェンシー東京には今回が初めての宿泊でしたが、大変気に入ってしまい、またリピートしたいと思っています。

今回の滞在情報
  • 宿泊人数:2名
  • 宿泊数:1泊
  • 部屋タイプ:ゲストルーム・キング

今回はGO TOトラベルキャンペーンでの手配ではありませんのでご了承ください。

ハイアットリージェンシー東京について

圧巻のロビー

東京都庁のすぐお隣り

ハイアットリージェンシー東京は新宿副都心にあり、東京都庁のすぐお隣りという立地条件です。

新宿中央公園も隣接しており、都心にありながらまわりの環境は静かなのも魅力ですね。

ハイアットリージェンシー東京へのアクセス
  • 新宿駅から約900メートル
  • 都営大江戸線・都庁前駅から徒歩1分
  • 羽田空港・成田空港からリムジンバス運行あり
  • 新宿駅西口とホテル間を結ぶ無料シャトルバスあり
  • 415台を収納する駐車場も完備

新宿駅からは少々距離がありますが、都庁前駅は目の前です。

また空港からのリムジンバスが停車するのも外国の方には便利ですよね。

我々は自家用車で向かいました。

2020年で開業40周年

ハイアットリージェンシー東京は2020年にめでたく40周年を迎えられたそうです。

  • 1980年9月15日 日本初のハイアットホテル「ホテルセンチュリーハイアット」として開業
  • 2001年3月30日 「センチュリーハイアット東京」に名称変更
  • 2007年10月1日 「ハイアット リージェンシー東京」に再変更

歴史のあるホテルなのですね。

おめでとうございます!

館内・客室の様子

私たちは車で行ってしまったため、肝心な外観の写真がありません!

地下の駐車スペースからロビー階へ上がったので、いきなりフロントの様子からになりますが、その豪華さに圧倒されました。

アトリウムロビーは圧巻

豪華なシャンデリア

ロビーに入るといきなり豪華なシャンデリアがお出迎えしてくれます。

こちらはすべてスワロフスキーが使用されています。

なんと11万5千個ものスワロフスキーだそうです。贅沢すぎ!

豪華なシャンデリア

下から見上げた感じはこんな感じ。ずっしり重そうですね。

個人的にはムダに、地震で落ちてこないのかが心配になりました。

ロビーの様子

この写真の奥がフロントです。

手前がロビー中央で、シャンデリアを囲むように円形にソファーが並べられています。

アトリウムロビーと呼ばれるロビーは8階まで吹き抜けになっていて、さらに3方がミラーで覆われている豪華さです。

アトリウムロビー

ミラーに写ったシャンデリアもまた素敵ですね。

正面エントランス付近

ロビーから見た正面エントランスの様子です。

客室内の様子

客室階の廊下

廊下を抜けて、いよいよお部屋に向かいます。

今回は17階のお部屋でした。

ちなみに館内のエレベーターはコロナ対策として、定員4名制になっていました。

お部屋のドア

お部屋はシンプルで落ち着いた色味でブラウンを基調としており、派手さはないですが、モダンで洗練された印象でした。

私物のキャリーケースが写ってる(汗

向かって右側の壁にテレビが設置されています。

テーブルの上、奥の白い物は湯沸かしポットです。手前の黒い物体は私物です。

ソファーと丸テーブル

窓は小さめですね。

デスクまわり

テレビの反対側のにデスクスペースがありました。

壁にミラーがあるのが女性にはうれしかったです。

こちらでメイクもできますね。

キングサイズベッド

キングサイズベッドは少々高さが低いのが気になりましたが、それも最初だけで、滞在中はまったく気にさえしませんでした。

シンプルに白だけでクッションなど余計な物はありません。

ベッドの硬さもほどよく、熟睡できました。

お部屋の奥から見た図

お部屋の奥、窓側から入り口付近を見た写真です。またまた余計な物が写っていてすみません。

窓からの眺め

お部屋からの眺めはまあまあな感じでした。

でも、直前予約で大晦日に取れただけでもありがたいと思わないといけないですよね。ありがとうございます!感謝です。

カードキー

お部屋のカードキーです。

関係ないですが、WiFiのパスワードが「TOKYO2020」だったのがなんだか切なかったです。。

デスク上にメッセージが

ハウスキーピングさんからのメッセージに、折り鶴が添えられていたのが印象的でした。

嬉しい気遣いですよね。和を感じさる演出です。

バスルーム

バスルーム

バスルームも清潔な感じで明るくて、使いやすかったです。

バスタブ

バスタブもゆったり浸かれる広さです。

シャワーの水量はほどよい感じでした。

ウォシュレットのトイレ

トイレの便座が冷たかったのが残念でした。

調節すれば暖かくできたのでしょうか?

充実のアメニティ

アメニティも必要ものはすべてそろっていました。

コロナ対策の小さな除菌おしぼりも2つ用意されていました。

アメニティ一覧は以下の通りです。

  • シャワーキャップ
  • コットン・ヘアゴムのセット
  • 爪やすり
  • 綿棒
  • ソーイングセット
  • 除菌おしぼり
  • ボディバー(スポンジ)
  • 歯ブラシ
  • ヘアブラシ
  • ヘアコーム
  • かみそり
  • シャンプー
  • コンディショナー
  • ボディウオッシュ
  • ボディローション

ファーマコピアのアメニティ

カナダ発のブランド、ファーマコピアのシャンプーとコンディショナーですが、これがとっても良かったです。

私はロングヘアなので、ホテルに備え付けのシャンプー類だと、髪がきしんでゴアゴアの仕上がりになってしまうことが多いのですが、このシャンプーとコンディショナーは優秀でした!

素晴らしい。

ボトルのお水2本

こちらのボトルのお水ですが、ハイアットオリジナルのブランドでした。

パートナーが「美味しい!」と絶賛していましたが、私には違いが分からず…。

でも美味しくいただきました。

クローゼットとアメニティ

ドア横がクローゼット

この写真には写っていないのですが、この扉の奥、左側にはバスローブが2枚準備されています。

すっかり写真を撮り忘れました!

使い捨てスリッパ

クローゼットの中にスリッパもあります。

浴衣とランドリーバッグ

バスローブもあるのですが、寝具として浴衣も常備されています。

こちらはキャリーケース・荷物置き場の下にある引き出しの中です。

湯沸かしポット

壁に設置されたテレビの下、テーブルの上に湯沸かしポットがあります。

こちらのポットは、お湯を沸かすのにかなり時間がかかるタイプだったのが残念です。

カップ類とアイスボックス

壁に設置されたテレビ下のテーブルの下、観音扉の中に冷蔵庫と金庫があります。

この写真の左側の扉の中が冷蔵庫です。

またまた写真を撮り忘れましたが、冷蔵庫の中には何も入っていませんでした。

コーヒー用のカップがスタバスタイルの使い捨て紙コップなのが嬉しかったです。

やはりこの時期、備え付けのカップ類を使うのは若干抵抗がありますよね。

ドリップ式コーヒーが嬉しい

カップ類の上にある引き出しの中に、フリーのドリップ式のオリジナルコーヒー、紅茶のティーバック(2種類)お砂糖、クリームなどがありました。

デスクの引き出しの中

こちらはデスクの引き出しの中で、いろいろなメニューに飛べるQRコードの一覧表も置いてありました。

ルームサービスのメニューもこのスタイルで、QRコードを読み取る方式でした。

館内のレストラン

カフェ(CAFFE)

ディナーはロビー階のCAFFEで

カフェ(CAFFE)

ロビー階にあるレストラン「カフェ(CAFFE)」で2020年の最後のディナーを堪能しました。

こちらはイタリアンテイストのオールデイダイニングです。

お洒落な店内

凝ったインテリアが目をひきますね。

夜景も楽しめる

窓側の席がやはり人気で、ほぼ埋まっていました。

私たちも一応予約して行き、窓側席も選べたのですが、奥のゆったりしたソファー席にしました。

大きな窓の外に見えるのは新宿中央公園です。

まあ夜なので、窓側でなくてもいいかなと。

ここにもシャンデリアが

我々は18時ころにお邪魔したのですが、そこまで混雑はしていませんでした。

でも、帰る頃にほぼテーブルも埋まっているようでした。

カウンターに並ぶデザートたち

私たちはアラカルトのメニューをいただきましたが、ディナービュッフェもメニューにありました。

写真はカウンターに並ぶ、ディナービュッフェのデザートたちです。

マンゴージュース

こちらのマンゴージュースも絶品で、写真を見ているだけでまた飲みたくなってしまいました。

カプレーゼ

イタリアンの定番の、「トマトとモッツァレラチーズのカプレーゼ」です。

量はかなり少なめ(汗

前菜盛り合わせ

私はアラカルトで、パートナーは「40周年記念のコースメニュー」をオーダーし、こちらはコースの中の前菜の盛り合わせです。

牛ホホ肉の赤ワイン煮

私のメインは「牛ホホ肉の赤ワイン煮フォアグラ添え」です。

お肉がトロトロに柔らかくてめっちゃ美味しかったです。

年越しにこんな美味しい物が食べられて幸せでした。

デザートはティラミス

かなり迷ったデザートですが、やはりイタリアンならティラミスしかないでしょう。年齢が出る(汗

シャーベットで締め

締めはシャーベットと美味しいコーヒーをいただいて、大満足の大晦日ディナーでした。

その他にも館内には中国料理・日本料理・鮨・鉄板焼きグリルなど、カジュアルからフォーマルまでさまざまなレストランがあります。

コンビニエンスストアのセブンイレブンも地下で繋がっているスペースにあるので便利でした。

最上階28階にある、プールとフィットネスジムは当面の間休業となっていますのでご注意ください。

さいごに

最後に、ハイアットリージェンシー東京のおすすめポイントと注意点をまとめておきます。

ハイアットリージェンシー東京のおすすめポイント

2020年にめでたく40周年を迎えられた、ハイアットリージェンシー東京のおすすめポイントです。

ハイアットリージェンシー東京のおすすめポイント
  • 老舗ホテルらしい安定のサービス
  • 新宿副都心という便利な立地条件
  • 都心なのに静かな環境
  • とにかく豪華なロビーが圧巻

同じ接客業であるCA(キャビンアテンダント)の目線から見ても、さすがだな、と感じるサービスを要所要所で受けることができました。

すべてのスタッフさんが素晴らしかったと断言できます。

チェックアウト時のフロント

こちらの写真はチェックアウトのときですが、どうしてもみなさん同じ時間帯になるので、フロントは混み合ってしまいますよね。

しかし、専任のロビーアンバサダー?の方がいらして、エレベーターから降りてフロントに向かう途中で、「チェックアウトでいらっしゃいますか?」と素早くお声かけをしてくださり、混雑していてもストレスを感じさせない気配りがさすがだな、と感じました。

おかげで清々しい気持ちで新しい年を迎えることができました。

ハイアットリージェンシー東京の注意点

窓の結露が!

少しだけ気になった点をあげておきます。

ハイアットリージェンシー東京の気になった点
  • お部屋の窓に結露(けつろ)が発生していた
  • デスクの椅子で背中が痛くなった

お部屋の乾燥が気になったので(ホテルあるあるですね)加湿器をお借りしたのですが、翌朝になると窓の結露(けつろ)が大変なことになっていました。

もちろん滞在する上ではなんら支障はないのですが、一応ご参考までに。

また、デスクの椅子に座ってメイクをしていたのですが、私には合わなかったようで、背中が少々痛くなってしまいました。

これも人によって違うとは思いますが念のため。

最後にまとめ

今回、安定の気配り&サービスで気持ちのよい年越し、そして新年を迎えることができました。

少々設備の古さが感じられるのは否めないですが、それらをカバーできるホスピタリティに大満足でした。

ハイアットリージェンシー東京にまたぜひ泊まってみたいです。

では、また♡

ABOUT ME
Coco
はじめまして。アラフィフ現役CA(キャビンアテンダント)+大手前大学通信学部学生+マナー講師+別居婚のCocoです。ハワイとピンクをこよなく愛しています。好きな言葉は想定外!人生予測不可能だから楽しいのです。自分を幸せにできるのは自分だけ♡一緒に人生を楽しみましょう! FOLLOW ON INSTAGRAM
Follow Along On Instagram!

Instagramも毎日更新中です!

Followありがとうございます♡

Follow Along On Instagram

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA